審美歯科のホワイトニング みんなの体験談

歯科において神経をとった歯のホワイトニングをしてもらう

歯は、食べ物を食べるときに必要です。
その他にも、食いしばったりするときにも必要になっています。
スポーツ選手などは、マウスピースをして試合に出ることがあるようです。
通常のままだと、歯がぼろぼろになってしまうので、その保護のために行うようです。
ある格闘家は、あえて最初から歯を抜いて、日常生活では義歯で生活していた人もいます。
大事ではありながら、スポーツのためには仕方がなかったのでしょう。何らかの異常があれば、その都度治療をしてもらうようにします。
その時に行うこととして、神経を抜くものがあります。
神経があれば、痛みなどが発生しますが、神経がなくなれば痛みなどはありません。ではそのままにしておいたらどうなるかです。

その時に、その歯だけ黒ずんでしまうことがあります。
見えない部分の歯であれば良いですが、見える部分だと目立ちます。
前歯などによって、神経を抜いた部分があったりすると、その部分だけ黒ずんでくるのです。
最初はあまりわからなくても、徐々に差がはっきり出てきてしまうことがあります。
男性であればまだ気にならないかもしれませんが、女性の場合はそれが気になることもあります。
何とかしたい場合は、歯科に相談します。
すると、ホワイトニングをすることができると教えてもらいます。
正常な歯でないとできないと思っていたら、神経を抜いていてもできるそうです。
ただし、通常のものとは方法が異なるそうです。
どのような方法になるか調べておきます。


通常は、歯に薬品をつけて行います。

でも、神経を抜いたものは、これでは白くなりません。そこで、歯に小さな穴を開けて、そこから薬品を流し込むそうです。
そして、歯の中側から白くすることができます。
この方法だから他の方法に比べて費用が特別高くなることはないようですが、それぞれのクリニックによって対応が異なります。
その歯だけをしてもらうこともあれば、その歯も含めて他の歯もしてもらうこともあります。
それで値段も変わります。

Site Recommend

Copyright (C)2018審美歯科のホワイトニング みんなの体験談.All rights reserved.